フリーアナ、ジャンボ秀克さん死去、62歳…路上で突然倒れる

[ 2014年4月8日 17:16 ]

 8日午前11時40分ごろ、札幌市南区常盤3条2丁目の路上で、同区真駒内のフリーアナウンサー、ジャンボ秀克(本名・佐々木秀克)さん(62)が倒れているのを通り掛かった女性が見つけ、119番した。病院で死亡が確認された。

 南署によると、死因は急性心臓死。別の通行人が、突然倒れるのを目撃したという。

 ジャンボさんは北海道ローカルのテレビやラジオ番組などに出ていた。

 HBC(北海道放送)ラジオの公式ツイッターは「HBCラジオで長くパーソナリティーとして活躍されていたジャンボ秀克さんが本日、急逝されました。62歳でした。今までのHBCラジオを番組やイベントで支えてくださった方ですので、哀惜の念にたえません。ご冥福をお祈りいたします」と追悼した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月8日のニュース