潮田玲子&浅尾美和 子供は「同じタイミングでできたら」

[ 2014年3月27日 13:29 ]

「ヨーグルト ファミリー・ヴィレッジ2014」オープニングイベントに登場した浅尾美和(左)と潮田玲子

 元ビーチバレー選手でタレントの浅尾美和(28)と元バドミントン選手でタレントの潮田玲子(30)が27日、東京・池袋のサンシャインシティ噴水広場で行われた「ヨーグルト ファミリー・ヴィレッジ2014」オープニングイベントでゲストで登場した。

 そろってヨーグルトカラーの白と青の衣装で登壇した2人は現役時代はともに美女アストリートとして人気を集めた。浅尾が「肌のきめ細やかさのためにヨーグルトを食べていた。私たちはメークして出るわけじゃないので、すっぴん勝負なので」が話せば、潮田も「海外遠征が多くてヨーグルトは海外には絶対にある。疲れを取るためにも食べてました」と現役時代から積極的に“美”のためにヨーグルトを積極的に取っていたエピソードを披露した。

 2人は「仲良くやっています」と息の合った様子を見せるほど、プライベートでも食事を楽しみ、お互いの結婚式に出席するなど、親交が深い。潮田は12年9月にサッカーJ1柏のDF増嶋竜也(28)と結婚し、浅尾も昨年4月に一般男性と結婚。潮田は今年2月の浅尾の披露宴に出席した様子をブログで報告していた。

 「2人で会う時は自分のしゃべりたいことばかっりであまり(お互いの)家庭のことは分からない。いつもノロケてごめんねって言ってます」と浅尾。潮田も「今はいいことばかりでノロケになるので(お互いに)あまり話さないんじゃないですかね」と話し、お互いの結婚生活の順調ぶりをうかがわせた。

 とはいえ、それなりのケンカもあるようで、浅尾は「旦那(だんな)さんは結末を言われるのが凄く嫌なんです。私が先にプロ野球の結果を言ってしまってキレられたことがあります。沸点が分からなくて、1回大げんかした。それぐらい」と苦笑い。潮田は「ケンカはないですね。お互いがアスリートだからケンカすると折れなくて長い。(ケンカを)しそうになると、私がお風呂に入ってリセットしますね、試合はしないですけど、クールダウンします」と笑った。

 イベント中、今後の目標として「喜」と掲げ「子供をつくって両親の喜ぶ顔が見たい」と話した浅尾。「子供ができたら凄い幸せになるんだろうなとは思う。いつかはって思っていますけど、授かりものなので」とニッコリ。潮田も「いずれは欲しいですね。(浅尾と)同じタイミングでできたらいい」と笑顔を見せ「子供とピッチに入場するのが彼の1つの夢なので、現役が終わる前にかなえてあげたいなとは思っています」と続けた。

 また、26日に今季限りでの現役引退を発表したフリースタイルスキー・モーグル女子の上村愛子(34=北野建設)について「愛子さん、本当にお疲れ様でした。ソチ(五輪)で凄く感動した」と口をそろえ、“先輩”を労った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年3月27日のニュース