佐村河内氏 初めて黒字?新垣さんへの「現代音楽のご教示代」で赤字続き?

[ 2014年3月8日 05:34 ]

02年に障がい者認定を受けた時の診断書を見せて説明する佐村河内守氏
Photo By スポニチ

佐村河内氏 一問一答(5)

 ――奥さんは何を知っているか?

 妻はゴーストライターがいたというのを知らなかった。(騒動が起き)私に対する怒りはもちろんあり「一番ダマされたのは私だ」と叱られた。

 ――今後の生活費は?

 音楽家であることはありえない。自給自足の生活を田舎でするとか…。負債があればそれを返していきたい。

 ――ゴーストライターの秘密を他に知っていた人は?

 「NHKスペシャル」関係者、手話通訳、妻ら巻き込まれて非難受けてる方がいると思うけど、全く知らなかった。

 ――口止めを受けたことは?

 誰からもありません。

 ――広島に対しては?

 私自身も被爆2世。被災者への思いと一緒です。

 ――印税収入は?

 「青色申告」で調べてもらえればわかるが、長いこと生きてきて今年初めて黒字になった。それまではずっと赤字。新垣さんが要求するお金のために「現代音楽のご教示代」と妻にウソをついて新垣さんへ払った。

 ――裁判費用は?

 まだ考えていない。

 ――妻の役割は?離婚を希望してるのか?

 妻は音楽には加担していない。妻に離婚を申し出たが「でも、しないよ」と言われた。

 ――聴力回復について医師から説明を受けたか?

 テレビ局の人が東大の偉い先生を連れてきて「99%ありえない」とコメントしてましたが、私は本当に回復している。いま、手話をしてくれている人。彼が証人です。原因は不明だが、いまも昔もこれからも変わらず手話通訳者が必要です。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年3月8日のニュース