×

藤崎マーケット初V 解散危機と自暴自棄の日々乗り越え…

[ 2014年3月3日 07:56 ]

初優勝して笑顔をみ見せる藤崎マーケットの田崎佑一(左)とトキ

 結成10年以内の若手が競う「第3回ytv漫才新人賞決定戦」が2日、大阪市内で行われ、「藤崎マーケット」が初優勝した。大阪・難波にある若手の劇場「5upよしもと」を卒業したばかりとあって、トキ(29)は「(先行き不安で)解散もあるのかなと、このレースに懸けていた」。田崎佑一(33)も「拠点もなくなったのでよかった」と喜んだ。

 予選突破した6組が5分のネタを披露し、上位2組が最終決戦に臨む。1本目で564点をマークし、トップの「和牛」に2点差の2位につけると、ファイナルでは高性能すぎる悪者ロボットが猫アレルギーなどを発症するネタで574点を記録し逆転勝ちした。

 駆け出しの06年ごろ「ラララライ体操」でブレークするも、再浮上のきっかけをつかめずにいた。11年ごろ、トキは東京のテレビ関係者に「ラララライだけやってろ」と言われ、自暴自棄になり劇場の出番などで遅刻が頻発。田崎から解散を切り出されたこともあったが禁酒に禁煙、井岡ボクシングジムにも入門し改心し危機を乗り越えた。

 トキは「僕の“エンジン”は復しゅう。賞金の100万円を両手に50万ずつ持って、東京のテレビ関係者に往復ビンタしに行きます」と再ブレークに闘志を燃やしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2014年3月3日のニュース