卒業前最後の劇場公演初日に涙…優子「私がいなくなっても頼むよ」

[ 2014年2月21日 05:30 ]

AKB48チームK「最終ベルが鳴る」公演で、思わず涙を流す大島優子

 卒業を発表しているAKB48大島優子(25)が20日、東京・秋葉原のAKB48劇場で最後の劇場公演となる演目「最終ベルが鳴る」の初日公演に出演した。

 08~09年に上演された演目のリバイバルで、大島がキャプテンを務めるチームKの新演目。本番前の稽古では、キャッチフレーズの「変幻自在のエンターテイナー」の通り、時に可愛く、時に大人っぽいパフォーマンスを披露。メンバーに「私がいなくなっても頼むよ」と託す場面もあった。

 3月29、30日に東京・国立競技場で開かれるAKBのライブで卒業セレモニーが行われることが決定済み。過去の人気メンバーの卒業の例からすると、その直後に出演する最後の劇場公演をもって卒業となる見込み。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年2月21日のニュース