山路徹氏 暴漢に襲われた!ツイッターで報告「仲間負傷、車ボコボコ」

[ 2014年2月16日 10:15 ]

暴漢に襲われたことを告白した山路徹氏

 ジャーナリストの山路徹氏(52)が16日、自身のツイッターで暴漢に襲われたことを明かした。

 神奈川県の津久井で大雪の取材をしていた山路氏は「暴漢に襲われ仲間が負傷し私の車はボコボコにされました」と告白。事件直後に110番通報したものの、大雪で警官が現場にたどり着けなかったため、自力で津久井署を訪れたと明かしている。

 山路氏によると犯行グループは4~5人の男。犯人の車のナンバーは記録し、ドライブレコーダーで事件の一部も録画されているという。「これで逮捕できなければ困ります」と早期の事件解決を訴えた。

 この後同氏は「津久井警察署での聴取が終了し被害届けも受理されました。暴行及び器物損壊事件で捜査を始めるとの事。皆さんにはご心配をおかけしましたが、幸いだったのは同行者に対する暴行の程度が軽かった事です。しかし、恐ろしい世の中です」とツイッターを更新、警察の捜査に委ねたことを報告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年2月16日のニュース