東京タワーでジャニーズ生MC 相葉「温かい番組を」松岡「楽しんじゃう」

[ 2014年2月13日 08:00 ]

テレ東で期間限定ジャニーズMCバトル

 TOKIOの松岡昌宏(37)KinKi kidsの堂本剛(34)嵐の相葉雅紀(31)関ジャニ∞の安田章大(29)NEWSの小山慶一郎(29)のジャニーズ5人衆が、深夜に日替わり生MCを務めることになった。テレビ東京「トーキョーライブ!~23:58の生放送~(仮)」(月~金曜後11・58~0・55)で、3月31日から2週間限定。東京タワー大展望台からの生放送になる。

 一般の人たちの悩み解決法を“国民投票”(データ放送投票)で決めるなどの双方向企画を予定しており、視聴者とつながる番組を目指すトーク番組。

 テレビ東京は1964年4月12日、東京タワーのある芝公園に開局。今回は“開局の地”からの番組になり、深夜の時間帯に東京タワー大展望台から2週間ぶっ続けの生放送を行うのは開局史上初の試み。2週間限定の最終日4月11日のオンエアは、日付が変わると同局の“50歳の誕生日”開局50周年を迎える。

 同局の佐久間宣行プロデューサーは「テレビ東京の開局記念日までの2週間、この魅力的なメンバーと生放送!ワクワクが止まりません。季節は春。さまざまなことが始まり、悩みや迷いを抱える時期でもあります。そんな視聴者の皆さまと、アイドルではありながらも『働く男』でもある出演者が互いに共感し合い、そこに癒やしの空気が生まれるような番組を作りたいです。ご期待ください」と話している。
 
 MC5人のコメントは以下の通り。

 松岡(火曜日担当)「深夜の生放送ほど、自分にとってときめく企画はありません。自分もその昔観てきた、聴いてきたように。あらためて生放送の楽しさを、この番組に携わる視聴者の方々を含めたすべての皆さまと楽しんじゃいたいと思います」

 堂本(木曜日担当)「生放送の心地よさを視聴者の皆さまと存分に体感できる番組にしたいと思っております。記憶ではなく記録といった手段の多い中で、この時間にしか生まれない楽しみを、ぜひ一緒に感じていただければうれしいです」

 相葉(水曜日担当)「生放送なので、その時にテレビを見てくださる方々とのコミュニケーションを大切にしたいと思います。いい意味でテレビっぽくない、新しい番組になりそうな気がしています!フレンドリーで温かい番組を目指します」

 安田(金曜日担当)「生放送で視聴者参加型。どんな展開になろうとも、その瞬間瞬間を楽しむことができるのが生の醍醐味!金曜日担当なので、他の曜日とは違う世間の休日前のテンションも番組に反映させつつ、ほっこりとした優しい空気にあふれる番組にできればと思います」

 小山(月曜日担当)「月曜日、トップバッターを務めさせていただくことになりました。生放送は毎日やっていますが、今回は深夜。週始めの月曜日、リアルな『生』の声を放送中に聞かせてください。みなさんのうれしいことも悩み事も共有しましょう。同じ時間を一緒に過ごせることを楽しみにしています」

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2014年2月13日のニュース