林遣都「体にいろんなもの出てきた」 NHK時代劇主演、重圧も収穫

[ 2014年2月11日 07:12 ]

 NHK時代劇「銀二貫」(木曜後8・00)の取材会が10日、京都・松竹撮影所であった。主人公・松吉役の俳優林遣都(23)は昨年11月19日の撮影開始前から京都に3カ月間住んで役作りに没頭した。

 想定外もあり「主役で背負いすぎて体にいろんなものが出てきた」というが、得たものも大きかった。「主演は体が資本。おまえが崩れたら、全部崩れる。自分のことは自分で守れ」。松吉が奉公する寒天問屋の主、和助役の津川雅彦(74)の薫陶だった。

 松吉を慕う真帆役の松岡茉優(18)は「2週間泊まって撮ったのが初体験でホームシックに」と明かした。解消策を問われると「東京に帰ってラーメンを食べに行きました。豚骨ラーメンに治してもらった」と笑わせた。原作は高田郁氏の「銀二貫」で、大坂商人の気質と人情が描かれる。4月10日放送開始。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年2月11日のニュース