クリント・イーストウッド チーズを詰まらせた男性救う!

[ 2014年2月8日 14:05 ]

クリント・イーストウッド氏

 米ハリウッドを代表する俳優で監督のクリント・イーストウッド(83)が5日に出席したパーティーで喉にチーズを詰まらせた男性(50)を「ハイムリッヒ・マニューバー」という方法で人命救助したという。7日、米「ニューヨーク・ポスト」の電子版が報じている。

 報道によると、クリントは米カリフォルニア州ペブルビーチのペブルビーチ・リンクスで開催される米男子ゴルフのペブルビーチ・ナショナルプロアマのパーティーに出席した。その際に、トーナメント・ディレクターのスティーブ・ジョン氏がチーズを喉に詰まらせているのを見つけるや素早く、スティブの背後に回り、両手をお腹の周辺に回して思い切り押し上げる「ハイムリッヒ・マニューバー」を実践したという。

 ジョン氏は「私は水を飲み、少しのチーズを食べていたんです。その時、チーズを詰まらせてしまったんですね」「私は彼を見ていた時、息が出来なくなりました。すると彼はすぐに私に気づき、命を救ってくれたのです」と感謝。

 かつてはプロアマに出場したほどにゴルフ好きなクリントはPGAツアーのチャリテイイベントに出席したり、プレゼンターとしても優勝者にトロフィーを渡す任務を果たしている。しかし、まさか人命救助までするとは…と伝えている。

 クリントが「ハイムリッヒ・マニューバー」を使ったのは今回が初めてのことだったという。ジョン氏も「私は202ポンド(約92キロ)の体重があるんです。それを3度も押し上げたことが信じられない」「その晩まで彼と話したこともなかったんですから」などと驚きを持って、クリントに感謝している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年2月8日のニュース