広島市 佐村河内氏の市民賞を取り消し

[ 2014年2月7日 15:33 ]

佐村河内守氏

 広島市出身の佐村河内守氏(50)の楽曲が別人の作品だった問題で、広島市は7日、2008年に佐村河内氏へ授与した「広島市民賞」を取り消した。

 市によると、佐村河内氏側の代理人弁護士から6日午後、ゴーストライターが作曲していたことに対する謝罪や、広島市民賞を返上する意向との連絡が入った。同氏が被爆2世、障害者であることは間違いない、との話もあったという。

 広島市民賞は、市民に夢や希望を与えた人に贈られる。02年の同賞の設置後、取り消した例はないという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年2月7日のニュース