イモト、三谷組で舞台デビュー 竹内結子の妹役に挑戦

[ 2014年2月7日 05:50 ]

「君となら」で舞台デビューするイモトアヤコ

 お笑いタレントのイモトアヤコ(28)が、舞台デビューする。人気脚本家の三谷幸喜氏(52)が手掛けるホームコメディー「君となら」で、主演する竹内結子(33)の妹を演じる。珍獣ハンターや、登山など主にバラエティー番組で活躍してきたが「今までにない高い山です!」と燃えている。

 珍獣を追い掛け、ヒマラヤ山脈に登るなど世界を駆け回ってきたイモトが新たな挑戦に燃えている。「ずっとやりたいと思っていた舞台に、三谷さんの作品・演出で立てる。今から楽しみで仕方ありません!」と本番が待ち切れない様子だ。

 同作は95年初演のホームコメディーで、三谷氏の代表作の一つ。竹内演じる長女が、父親より年上の婚約者を連れてきたことから始まるドタバタ劇。再演は2度目で、今回初めて三谷氏自ら演出をする。

 これまでイモトが出演した作品は、単発ドラマを中心に5作。自然な演技が三谷氏の心をつかみ「既にベテランの風格がある。いるだけで泣けてきてけなげで、何だかかわいそうな雰囲気。抜群の存在感で誰からも愛されるキャラ」と魅力を指摘。「まさに新しい喜劇女優の誕生だ」とほれ込んでいる。

 イモトは「三谷さんに“今回はかなり高い山になると思いますよ”と言われたことを夜な夜な思い出し、不安になる。今はただ全力で初舞台という高い山に挑みたい」と、世界中で困難を切り抜けてきた度胸でぶつかるつもりだ。

 今年に入り、トレードマークの太眉メークを落とした“女優業用”の宣材写真も用意。舞台で太眉にするかは「検討中」(三谷氏)という。同氏は気に入った俳優を立て続けに使うことで有名で、28日にはイモトの初主演ドラマ「最高のおもてなし」(日本テレビ)が放送される。“女優イモト”にとって飛躍の年になりそうだ。

 舞台の東京公演は、渋谷パルコ劇場で8月9日~9月15日の予定。

 ◆イモトアヤコ 1986年(昭61)1月12日、鳥取県生まれ。文教大在学中の05年、芸能界入り。日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の珍獣ハンターで人気者に。今年1月、世界最高峰に挑む「エベレスト登頂プロジェクト」を始動させた。登る時期は未定。1メートル58、血液型O。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年2月7日のニュース