東出昌大 杏は“友達以上” 熱愛発覚後初の公の場 質問に笑顔

[ 2014年2月7日 06:25 ]

エランドール賞新人賞に輝いた(左から)橋本愛、福士蒼汰、能年玲奈、東出昌大、木村文乃、綾野剛 

 日本映画テレビプロデューサー協会主催の「第38回エランドール賞」授賞式が6日、都内で行われ、新人賞を受賞した東出昌大(26)、能年玲奈(20)らが出席した。

 新人賞の6人は、いずれも過去にNHK連続テレビ小説に出演。東出は放送中の「ごちそうさん」で夫婦を演じている杏(27)との熱愛を年明けに報じられてから初めての公の場。報道陣から杏と正月を過ごしたことを聞かれると、唇に人さし指を当てて「シーッ」とはぐらかした。「いいお友達?」の質問にも笑顔で「はい」と応じ“友達以上”の親しい関係をうかがわせた。

 「あまちゃん」でブレークした能年は「私にとって特別な作品でした」と笑顔。共演した橋本愛(18)福士蒼汰(20)も受賞したほか、宮本信子(68)や小池徹平(28)らが花束贈呈で登場し“あまちゃんファミリー”が顔をそろえた。

 ≪9日ファンミ“夫婦”で参加≫東出は、9日に大阪市内で行われる「ごちそうさん」のファンミーティングに杏と出席予定。一般参加は11・5倍と高倍率だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年2月7日のニュース