新垣氏 佐村河内氏に「一度も聞こえないと感じたことない」

[ 2014年2月6日 14:49 ]

佐村河内氏が写して書いたという譜面を手に説明する新垣隆氏

 「全ろうの作曲家」として知られる佐村河内守氏(50)の代表作「交響曲第1番 HIROSHIMA」などについて、18年前から自身が作曲していたと謝罪した音楽家の新垣隆氏(43)が6日、佐村河内氏の聴力について「私の認識では初めからこれまで一度も聞こえないと感じたことはない」と「全ろう」についてまで偽装の疑惑が浮上した。

 新垣氏が録音したものを佐村河内氏が聞いていたとも証言。「聞こえないということを装っていたと解釈してよいか」の質問には「はい」と応えた。

 また、接触するのはいつも2人きりで、やりとりについても「ごく普通にしていた」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年2月6日のニュース