五嶋みどりさん参加作品がグラミー賞!クラシック部門で受賞

[ 2014年1月28日 05:30 ]

 米音楽界最高の栄誉、第56回グラミー賞の発表・授賞式が26日(日本時間27日)、ロサンゼルスで開かれ、バイオリニスト五嶋みどりさん(42)が参加したアルバム「パウル・ヒンデミット 作品集」が、最優秀クラシック・コンペンディアム賞を受賞した。

 五嶋さんは、受賞アルバム収録の「バイオリン協奏曲」でソリストを務めた。同賞はクラシック8部門のうちの一つ。

 クラシック部門ではこれまで、小澤征爾さんや大野和士さんが指揮で参加したアルバムが最優秀クラシック・ソロボーカル賞に選ばれている。

 共同電によると、五嶋さんは「CDが受賞したことを大変うれしく思います」と感激。「この作品集は、作曲家ヒンデミットの作品の魅力を余すところなく伝えています。今後、演奏される機会が増え、彼の作品や人間性に対する理解が深まることを願っています」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年1月28日のニュース