大物地下アイドル「愛乙女DOLL」メジャーデビュー決定で感涙

[ 2014年1月22日 21:31 ]

4月のメジャーデビューを発表した愛乙女DOLL(前列左から)岩崎夢生、佐野友里子(後列左から)都築かな、愛迫みゆ、芦崎麻耶、ハルナ

 6人組女性アイドルグループ「愛乙女DOLL(ラブリードール)」が4月9日に日本クラウンからメジャーデビューすることを22日、東京・秋葉原のライブで発表した。

 アンコールで映像で告知。メンバーは大粒の涙を流し、ファン300人と歓喜の瞬間を分かち合った。リーダーの岩崎夢生(21)は「まだ実感はないけど、デビューしても私たちは変わらないのでこれからもよろしくお願いします」と抱負。佐野友里子(22)は「努力をムダにしないように頑張ります。これからもついてきてください」と客席へ訴え掛け、喝さいを浴びた。

 11年3月に結成。昨年12月に発売した曲「蒼い空を望むなら」はインディーズながらオリコン週間チャートで9位に初登場し、現在までに累計2万5000枚以上の売り上げを記録している。TBS「ランク王国」の「ネクストブレイクしそうなアイドル」でも2位にランクインするなど「地下アイドル界の大物」として勢いに乗っている。

 メンバーは元AKB48の7期研究生の愛迫みゆ(22)、同8期研究生の佐野と、岩崎、芦崎麻耶(20)都築かな(18)ハルナ(14)。ステージでは同じレコード会社の先輩歌手河西智美(22)から「今度ライブでコラボしましょう」と祝福のビデオメッセージが寄せられ、6人はうれし泣きしていた。今後は日本武道館でのコンサート開催を目標に飛躍を誓う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年1月22日のニュース