ガキ使大みそかSP 歴代最高19・8%!紅白裏民放トップ

[ 2014年1月2日 13:15 ]

シリーズ歴代最高視聴率をマークした「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP」のメンバー(左から)月亭方正、ダウンタウン・松本人志、浜田雅功、ココリコ・遠藤章造、田中直樹

 昨年の大みそかに放送された日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!」の平均視聴率が第1部19・8%(後6・30~9・00)第2部17・2%(後9・00~0・30)を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。「第64回紅白歌合戦」と同時間帯の民放トップで「笑ってはいけない」シリーズ歴代最高をマークしたことが2日、同局から発表された。

 2006年から大みそか特番として放送。大友有一プロデューサーは「歴代最高視聴率を獲得することができました。これもひとえに、視聴者の皆さまに愛される番組として成長し、大みそかの特別番組としてお茶の間に定着したからだと思っております。6時間という長時間、当番組をご覧いただき、ありがとうございました」とコメントした。

 今回は、地球の平和を守る正義の「ガースー黒光り地球防衛軍」を舞台に「ダウンタウン」浜田雅功(50)松本人志(50)月亭方正(45)「ココリコ」遠藤章造(42)田中直樹(42)の5人が新人隊員として、さまざまな訓練に挑んだ。静岡・富士スピードウェイを貸し切る壮大なロケも敢行。板尾創路(50)蝶野正洋(50)ら常連ゲストをはじめ、大物俳優・女優、一流アスリートらが「笑いの刺客」として登場した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年1月2日のニュース