内田裕也 大瀧さん悼む「オレのタイプじゃない音楽だが大いに認められるべき」

[ 2014年1月1日 08:19 ]

急死した大瀧詠一さん(左)写真は85年「はっぴいえんど」再結成時のもので、大瀧さんの隣は(左から)松本隆、細野晴臣、鈴木茂

大瀧詠一さん急死

 年越しライブ「ニューイヤー・ワールドロックフェスティバル」の本番を前にロック歌手の内田裕也(74)が30日に65歳で亡くなった大瀧詠一さんを追悼した。

 「“日本語のフォークとロック”というテーマで音楽雑誌で対談(72年5月)したが、その後は会っていない。オレのタイプじゃない音楽だが、そのジャンルは大いに認められるべきだ」とコメントした。

 裕也は続けてNHK「紅白歌合戦」に初出場の泉谷しげる(65)に言及。「泉谷の野郎、(自分のライブで)スタッフを殴ったらしい。絶対許せねえ。今、紅白の担当者と話したばかりだ」と抗議したことを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年1月1日のニュース