AKB来年3・29国立単独公演 女性グループでは初

[ 2013年12月18日 05:30 ]

AKB48が来年国立競技場で公演を行うことが発表された

 AKB48が来年3月29日に国立競技場で単独ライブを開催することが17日、都内のイベントで発表された。同所でのライブはSMAP、嵐、DREAMS COME TRUE、L’Arc~en~Cielに続き5組目で、女性グループとしては初開催となる。

 年末恒例のイベント「第3回AKB48紅白対抗歌合戦」の終演間際に映像でサプライズ発表。総監督の高橋みなみ(22)は「ちょっと待って国立やで!」と仰天。SKEやNMBの誕生以降、大規模コンサートは姉妹グループと出演することが多く、AKB単独での公演は4月の日本武道館が約5年ぶりだった。こうした背景を踏まえて「めっちゃうれしいです!」と歓喜の涙を流した。

 国立競技場は来年7月から改修工事に入る予定で、既存のスタジアムも見納めが迫っている。7万人を収容する“聖地”での公演はAKBの真価が問われそうだ。3月30日には48グループ全体で同所でライブを行う。また、4月4日にSKE、同5日昼にHKT、同日夜にNMBがさいたまスーパーアリーナでそれぞれ単独公演が決定。同6日には恒例の「リクエストアワー セットリストベスト100」を同所で行う。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年12月18日のニュース