演技派・風間俊介“童貞”の三枚目役 フジ「僕のいた時間」出演

[ 2013年12月5日 09:00 ]

 俳優の風間俊介(30)がフジテレビの連続ドラマ「僕のいた時間」(来年1月8日スタート、水曜後10・00)に出演する。

 難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘う主人公・澤田拓人(三浦春馬)を描くヒューマン作。風間は拓人の同級生・水島守を演じる。女性にモテる拓人とは正反対の三枚目。“童貞”を売りにしているものの、一方で最大のコンプレックスでもあるという役どころを、CDデビューしていないジャニーズの演技派がどう料理するか注目される。

 風間は「人の優しさ、悲しさ、希望、絶望、勇気、すべてが詰まっている物語の一部になれることを本当にうれしく思います。この冬、大切な事を伝えてくれる、この物語がみなさんの宝物になると確信しています。ご期待ください」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年12月5日のニュース