桜田淳子 20年ぶり一夜限りの復活!デビュー40年「幸せな一日」

[ 2013年11月26日 22:02 ]

約20年ぶりにファンの前に登場した桜田淳子

 デビュー40年を迎えた歌手の桜田淳子(55)が26日、東京・銀座の博品館劇場で一夜限りのイベント「桜田淳子Thanks 40スペシャル~ファン感謝DAY」を行った。

 芸能活動を事実上休止している桜田がファンの前で姿を見せるのは、93年3月に公開された映画「お引越し」の舞台あいさつ以来、20年ぶりのこと。節目の年に支えてくれたファンへ直接お礼を言いたいという桜田の強い希望で実現した。

 イベントには380人のファンが集結。「追いかけてヨコハマ」「しあわせ芝居」などの懐かしいヒットナンバーをオープニングで歌い、元所属事務所の後輩で、桜田に憧れて芸能界入りしたタレントの太川陽介がファン代表として登場。トークコーナーでは、女優時代の仕事の思い出話も飛び出した。

 「ファンの方々が長い時間(とき)を経て、未だに変わらずに私のファンでいてくださっていることに感動し、幸せな一日となりました。心より感謝申し上げます」と桜田。約1時間半のイベント終了後は握手会を実施。ファンとの交流を深めて、一夜限りのファン感謝デーは幕を閉じた。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月26日のニュース