大島優子「一目ぼれ」ドラ1後藤萌咲と熱い抱擁

[ 2013年11月18日 05:30 ]

指名あいさつ。AKB48チームKのキャプテン大島優子(右)は愛知の後藤萌咲の元を訪れ、手でチームKのサインを作り笑顔(C)AKS

 AKB48チームKのキャプテン大島優子(25)が16日、「AKB48グループ ドラフト会議」で1位指名した愛知在住の後藤萌咲(12)の自宅へあいさつに訪れた。

 大島は「紙資料をもらった時点で一目ぼれだった。今のAKBにはない元気やパワーをもっていて、それをチームに対していい効果を生んでほしい」と強調。後藤も「チームKの個性を崩さないよう頑張りたい」と伝え、相思相愛の様子。2位指名した下口ひなな(12)とのコンビに期待を寄せる大島は「(年齢層が上がってきた)チームKにとって希望の存在として見ている。(下口と2人で)“なまいきっず”として一緒に自由にやってほしい」と伝え、最後は熱い抱擁を交わした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2013年11月18日のニュース