ポール・マッカートニー 土俵入り&懸賞金に関心

[ 2013年11月15日 05:30 ]

大相撲九州場所を観戦したポール・マッカートニーとナンシー夫人

大相撲九州場所5日目

(11月14日 福岡国際センター)
 公演のために来日している元ビートルズのポール・マッカートニー(71)が5日目の取組を観戦した。午後3時半すぎに来場。十両の貴ノ岩―旭日松戦から正面の升席に座り、幕内土俵入りや横綱戦などでは拍手をしながら身を乗り出すようにするなど、結びの一番まで熱視線を送った。退場の際に館内からポール・コールが湧き起こると、手を振って応えた。

 説明役を務めた玉ノ井広報部副部長(元大関・栃東)によると、特に土俵入りや懸賞金などに関心を寄せており「懸賞金は勝った人が全部もらえるんですか」などと質問。取組が残り3番になると「もうそれしかないのか」と残念がっていたという。取組後に用意されていた横綱・白鵬との記念撮影などはキャンセルとなったが、玉ノ井副部長は「とても興奮していたし、相撲を楽しんで帰ってもらってよかった」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月15日のニュース