鶴瓶 松喬さん追福興行で思い出語る「罰金払ってくれた」

[ 2013年10月21日 11:15 ]

松喬さんの追福公演に出演した笑福亭鶴瓶

 7月30日に肝臓がんのため亡くなった落語家・笑福亭松喬さん(享年62)の追福興行「松喬十六夜」が20日、大阪市内であり、弟弟子・笑福亭鶴瓶(61)が出演した。

 松喬さんとともに師事した故六代目笑福亭松鶴さんとの思い出をネタにした「かんしゃく」を披露。枕でも20代後半のころ、松鶴さんを乗せた車を運転していた際にスピード違反で捕まったことに触れ、「師匠に“行け!”と言われて捕まった。罰金が払えないと収監されるので、兄貴(松喬さん)が借金して払ってくれた」と回想。「師匠は“いっぺん入って来たら?”って、むちゃくちゃでしたけどね」と笑いを交えて懐かしんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年10月21日のニュース