“TOKIO”の縁 フジ番組進行役の国分も興奮

[ 2013年9月9日 06:00 ]

 フジテレビの五輪開催都市決定番組で進行役を務めた「TOKIO」の国分太一(39)は、番組終了直後に取材対応し「自然とガッツポーズが出て、番組のことは忘れてました」と興奮冷めやらぬ表情を見せた。

 TOKIOの名は、外国人が東京と発音する際の「トキオ」が由来。「運命を感じるとか大きなことは言えないけど、凄いですよね」と不思議な縁を感じている様子。

 ロンドン五輪では同局の中継番組のメーンキャスターを担当。7年後もやりたい思いは強く「これからスタッフと飲みに行って、ロビー活動をスタートさせます」と笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年9月9日のニュース