ドリカム中村 ドラマ初出演「金輪際、芝居はしないと誓ったが…」

[ 2013年8月19日 20:19 ]

フジテレビ「救命病棟24時」でドラマ初出演する「DREAMS COME TURE」の中村正人(中央)。左は松嶋菜々子、右は時任三郎

 「DREAMS COME TURE」の中村正人(54)がテレビドラマに初出演する。

 フジテレビの連続ドラマ「救命病棟24時」(火曜後9・00)の第9話(9月3日放送)で、救命救急センターに運び込まれる患者役としてゲスト出演。これまで明かされていない救命救急医・片岡(柏原収史)の過去を知る重要な役どころ。2004年の自主製作映画「アマレット」以来の演技だったが、渋みのある芝居を披露した。

 ドリカムは1999年の第1シリーズから今回の第5シリーズまでドラマの主題歌を担当。出演オファーを聞いた時は「監督の冗談だと思いました」というが「でも、おもしろいな、と思いました。よく僕にオファーしたな、と」と快諾。

 「金輪際、芝居はしないと誓ったのですが」と笑いながら「僕にお手伝いできることがあるのなら、ということで。ストレッチャーに寝た状態で搬送されてくる役なので、顔だけの演技で済んだのが幸いでした」と収録を振り返っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2013年8月19日のニュース