小籔千豊が公演 コヤソニ東京進出は「10周年でやるかな?」

[ 2013年8月19日 07:26 ]

 吉本新喜劇座長の小籔千豊(39)が18日、大阪市内で、エンタメ業界を目指す「よしもとクリエイティブカレッジ」の在校生らを対象に講演を行った。

 2008年に立ち上げた歌と笑いの融合フェス「コヤブソニック」誕生までの経緯やポリシーなどを紹介。「自分がやりたいことの先に、他者のメリットがあるべき」と力説した。コヤソニの東京進出について聞かれると、「10周年でやるかな?でもわからんな、という感じ。基本は大阪でやりたい」と、故郷への愛を強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2013年8月19日のニュース