伝説の番組「面白ゼミナール」復活!鈴木健二さんが“名誉教授”に

[ 2013年7月19日 07:05 ]

 1980年代に視聴率40%台をはじき出した伝説のクイズ番組が、この夏帰ってくる。「クイズ面白ゼミナール R(リターンズ)」が7月20日と8月17日の2回、NHKBSプレミアム(午後8時~)で復活。かつて「主任教授」として番組の司会進行を務めた、元NHKアナウンサーの鈴木健二さん(84)が「名誉教授」として登場する。

 「面白ゼミナール」はお茶の間の人気番組として、81年4月から7年間放映。日常生活から社会、歴史、さらに小学生の教科書に出ている問題などをゲストの芸能人や各界著名人が頭をひねりながら解答していき、チーム戦で得点を競った。鈴木主任教授の名講義も番組の目玉で、毎回楽しみにしている視聴者も多かった。

 今回はBSプレミアムの各番組から解答者が集結。「江戸時代にもあった市民ネットワークが生み出したものは?」「スマホの新研究で何が可能になった?」などのほかに、小学生が習う理科の問題も出題。懐かしい雰囲気を漂わせながら、現代を面白く分かりやすく解き明かす。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年7月19日のニュース