しのまり&ともちん祝卒業コント「普通なら絶対やらない」

[ 2013年7月19日 04:30 ]

コント撮影前にスタッフと打ち合わせするAKB48の篠田麻里子(C)AKS

 AKB48の篠田麻里子(27)、板野友美(22)の“卒業コント”が制作された。映像配信サービス「ひかりTV」で26日からスタートするAKB48のコント番組「何もそこまで…」(金曜後9・51)で放送される。

 気になる中身は「放送ギリギリまで公開しない予定」と関係者。それでも、撮影に立ち会ったスタッフは篠田について「“せっかくだから、振り切ってやりたい”と打ち合わせからやる気満々だった」と説明した。台本に書かれたギャグに対して「それでスベんないですか?」などと細部までこだわっていたという。本番では予想外のアドリブを連発。イメージを振り切った大胆な演技で爆笑を誘い、他のメンバーを「(普通なら)こんなの絶対やらない」と驚かせた。

 篠田は「コントをやらなさそうと言われますが、未知の世界だけど、面白くて笑ってもらえると自信につながるから楽しい。(AKBとして)最後のコントなので、誰が演じているのか分からなくなるぐらいになれば」と会心の笑みを浮かべている。

 一方、板野は演じるキャラクターについて「かわいいのがいい。おじさんとかはイヤ!」とおねだり。結果的に満足できたようで「楽しみにしていてください」とアピール。

 このほか、柏木由紀(22)、島崎遥香(19)によるヒーロー戦隊風のコントなどが収録済み。悪役を怪演した横山由依(20)は周囲から冷やかされ「キモいって言わないで~」と懇願していたという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年7月19日のニュース