嵐6年連続国立&5度目5大ドームツアー発表

[ 2013年7月1日 06:00 ]

 嵐が30日、東京ドームで「嵐の“ワクワク”学校」を行った。メンバーそれぞれが授業を行うイベントで、今年で3回目。5人は背中に「嵐学」の“校章”入りの白衣姿で登場した。

 松本潤(29)は時間がテーマの講義で、20歳だった04年1月に“10年後の自分”に宛てた手紙を公開。「アイドルとして日本のトップに立ち、世界に出たい」など当時の夢をつづっており、松本は「アジアツアーなど、かなったものもある。一生懸命頑張ると思っていた自分に対し、良かったねと思う」としみじみ。櫻井翔(31)が10年後の自分にビデオメッセージを送る一幕も。「嵐全員でスケスケの赤いちゃんちゃんこを着て還暦をお祝いする夢がある」と意外な夢を明かした。4万5000人を前に、二宮和也(30)は睡眠、櫻井はお金、相葉雅紀(30)は食、大野智(32)は個性をテーマに講義した。

 全授業終了後、今年も国立競技場での公演「アラフェス」を9月21、22日に行うと発表。嵐自身が持つ同所での連続開催記録を更新する6年連続で、最多の6度目となる。櫻井はスタンドの大歓声に「国立でまた会おう!」と手を振って応えた。新アルバム(タイトル未定)を今秋発売、11月から2年連続5度目となる5大ドームツアーを行うことも発表した。計18公演で87万人を動員する予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年7月1日のニュース