相澤会長最後のアイドル「さんみゅ~」大粒の涙「届くように歌う」

[ 2013年5月27日 06:00 ]

相澤会長を思い出し涙を流す西園みすず(前列左から3人目)ら「さんみゅ~」のメンバー

 女性8人組「さんみゅ~」が26日、都内で初の単独ライブを行った。

 すい臓がんのため23日に83歳で死去した芸能事務所「サンミュージック」の会長、相澤秀禎氏が手掛けた最後のアイドル。

 開演前の会見で、リーダーの西園みすず(18)は「太陽のような方。いつもニコニコしていて、よくレッスン場やライブに来てくださった」と大粒の涙。「人がいなくなるということを経験したことがないので…正直悲しい」と泣きじゃくった。

 本番では新曲「夏祭り」など14曲を披露。「会長に届くように歌いたい」と、「太陽」をイメージして、開いた手を上に突き上げるダンスを披露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年5月27日のニュース