CKB+AKB 横山剣座長舞台、秋元氏がプロデュース

[ 2013年5月7日 07:05 ]

(左から)秋元康氏、横山剣、永尾まりや、ラサール石井は「イイね!」とポーズ

 クレイジーケンバンド(CKB)の横山剣(52)が初座長を務める舞台「横山剣大座長公演」が6日、東京・浅草公会堂で開幕した。

 秋元康氏(55)が原案・プロデュースを担当し、芝居とライブの2部構成。AKB48の永尾まりや(19)も出演しており、CKBとAKBの異色の共演が実現。横山は事前の会見で「(決め文句の)イイね!しか言いません」とジョークを交えPRした。

 秋元氏は指原莉乃(20)が博多のHKT48劇場の支配人を兼務することになった経緯について「スタッフから提案があり、面白いんじゃないかと話した」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2013年5月7日のニュース