テレ朝・上山千穂アナ「スーパーJ」卒業 米コロンビア大へ留学

[ 2013年3月29日 20:00 ]

「スーパーJチャンネル」を卒業したテレビ朝日の上山千穂アナウンサー

 テレビ朝日の上山千穂アナウンサー(37)が29日、キャスターを務める「スーパーJチャンネル」(月~金曜後4・53)を卒業した。

 同日、自身のブログも更新。「3年間、担当させていただいた『スーパーJチャンネル』を卒業させていただくことになりました。最後の日、感慨深く、少し、さみしいです」と報告した。

 「日々“聞きやすく”“わかりやすく”ニュースをお届けできているか、その試行錯誤の連続でした。至らない点も多々あったと思います。それでも、信頼して、見続けてくださった多くの温かい視聴者の方々に、感謝の念が尽きません」と振り返った。

 今後は同局の研修制度を使い、1年半、米ニューヨークのコロンビア大学・国際公共政策大学院で政策などを学ぶ。

 「バイリンガルでもない私ですんで、日々、寝不足での必死の勉強!が続くことを覚悟しておりますが、どのような世界が広がっているのか、どんな方々と出会えるのか、とても楽しみです」と期待。「今まで見てくださった方々への感謝を胸に、一回り大きくなり、またテレビ朝日の画面でお会いできることを目標に頑張ります。行ってまいります!」と意気込んだ。

 上山アナは聖心女子大学文学部から1998年同局入社。99年2月から04年3月まで「ニュースステーション」、04年4月から06年3月まで「やじうまプラス」を担当。同局の“報道の顔”として活躍してきた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年3月29日のニュース