金爆・樽美酒“マジ始球式”「まさか涙が出るとは。幸せです」

[ 2013年3月29日 18:40 ]

始球式を行った「ゴールデンボンバー」の樽美酒研二

 「ゴールデンボンバー」の樽美酒研二(32)が29日、プロ野球開幕戦「ソフトバンク-楽天」(ヤフオクドーム)で始球式を行った。

 福岡県出身の元高校球児の樽美酒にとっては「ヤフオクドーム(旧福岡ドーム)といえば中学生くらいの頃から何度も何度も野球観戦で訪れ、そして高校野球では開会式の行進で一度だけ立った場所で、僕にとっては憧れでもあり、思い出の場所でもあります」という“凱旋登板”。

 ソフトバンクのスタメンが守備位置に就く前からグラウンドに登場し“バスーカ砲”でパフォーマンス。おなじみの白塗りの顔で、ソフトバンクのユニホームに身を包み、背中には「KENJI 1」。

 “爆笑始球式”も期待されたが、いざ投球となると、球児に戻ったのか、樽美酒は緊張の面持ち。昨年のNHK紅白歌合戦の会見で放送禁止用語を発した“おフザケ”は封印。一塁側、三塁側、右翼席、左翼席と周囲に一礼。楽天・聖沢に対し、振りかぶって速球を投げ込んだ。もちろんノーバウンドで届いた。球は外角高めにややすっぽ抜けたが「まさか涙が出るとは。幸せです」と感慨に浸り、満足そうな顔でソフトバンクの捕手・細川から記念のボールを受け取っていた。 

 始球式は昨年7月11日のヤクルト-DeNA戦(神宮)以来2度目。その時は、つば九郎から「140キロ以上を投げれば入団テスト合格」という条件を出され、マウンドへ。実際の球速は定かではないが、スピードガンには「142キロ」と表示され、クリア。しかし、直後に右肩痛を訴え「現役引退」が告げられていた。それでも、この日は「来年のドラフトにかけてもらったら活躍するのは間違いないです」とアピールも忘れなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年3月29日のニュース