「SPEC」完結編に向井理&大島優子 謎の男女役、設定知らず撮影

[ 2013年3月19日 06:59 ]

今秋公開の映画「SPEC~結~」に出演する向井理と大島優子。白装束に身を包む謎の男女を演じる

 人気シリーズの完結編として今秋公開の映画「劇場版SPEC~結(クローズ)~」に向井理(31)とAKB48の大島優子(24)が出演する。映画の全容は、堤幸彦監督と脚本を手掛ける西荻弓絵氏ら一部関係者だけのトップシークレット。向井と大島は白い衣装、謎の男女役で、「どんな映画になるのか」と、設定などを知らずに撮影に臨んでいる。

 警視庁公安部捜査官の戸田恵梨香(24)と加瀬亮(38)が、特殊な能力を持つ犯罪者に立ち向かうシリーズ。向井は昨年公開された「SPEC~天~」のラストで、本人とは分からないように登場していた。敵か味方かは不明。「最後の作品となるのは、もともと見ていた側として寂しい。でも演じる側として、どんな映画になるのか楽しみ。見る側を、どう裏切ってくれるのか。期待を裏切れる作品になれば」と力が入っている。大島も「まさか私があのSPECの世界に入れるとは思わず、うれしい。私はSPECを持てるのかなとドキドキ」と楽しんでいる。

 完結編は、前後編2部作で連続公開されることも決まった。「漸(ゼン)の篇」と「爻(コウ)の篇」。映画公開直前に放送されるTBSスペシャルドラマ「SPEC~零~」が昨年末にクランクインしたが、撮影を進める中で、壮大なストーリーを映画1本にまとめるのは不可能と判断された。

 竜雷太(73)、有村架純(20)のレギュラーのほか、浅野ゆう子(52)、神木隆之介(19)ら歴代の特殊能力者たちも勢ぞろい。新たに香椎由宇(26)、EXILEのKENCHI(33)、遠藤憲一(51)らも加わり、オールスター映画となる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年3月19日のニュース