ルイ・トムリンソン 恋人に殺人脅迫で自宅に緊急避難室を増設

[ 2013年3月10日 12:36 ]

自宅に緊急避難室を増設したルイ・トムリンソン

 英国の人気5人組グループ「ワン・ダイレクション」のルイ・トムリンソン(21)が自宅に緊急避難室を増設したことが分かった。

 ルイはマンチェスター大学に通う学生でモデルのエレノア・カルダー(20)と交際中。恋人がルイのファンから殺人脅迫を受けたことで、東イングランドのハートフォードシャーにある250万ポンド(約3億5000万円)相当の邸宅に1万5000ポンド(約210万円)を費やして避難室を増築したという。

 交際を始めた頃にも、エレノアはルイの熱狂的なファンからツイッター上にルイの元恋人ハンナ・ウォーカーの写真を送られるなど悪質な嫌がらせを受けた。ルイは当時「本当に頭にくる」と怒りのツイートをしていた。

 関係者はザ・サン紙に「ワン・ダイレクションのファンは、熱狂的な追っかけとして有名です。だからルイも少し注意深くなっているんです。避難室を作ったことでルイは安心できたようです」と明かしている。

 同グループのゼイン・マリク(20)も北ロンドンにある200万ポンド(2億8000万円)相当の自宅に緊急避難室を作っている。

 一方で、メンバーのナイル・ホーラン(19)はこの問題に無頓着。ネット上で脅してくる人間は気にかけないといい「どうせコンピューターを盾になら何でも言えると思ってる勇敢な女の子ってだけでしょ?他のセレブの人たちは殺人脅迫に神経質になっているよね。でも僕は無頓着なんだ」と語っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年3月10日のニュース