木南晴夏 通天閣でドラマ撮影、上って感激「パワーもらえそう」

[ 2013年2月22日 06:00 ]

通天閣で会見した木南晴夏と鈴木亮平

 女優の木南晴夏(27)が21日、大阪市内で読売テレビの主演ドラマ「泣いたらアカンで通天閣」(3月25~27日、深夜0・28)の撮影に参加した。

 通天閣での会見では、大阪出身だが「初めて上った。パワーがもらえそう」と感激。兵庫県西宮市出身の鈴木亮平(29)は「おじいちゃんと来たことや、オヤジと串カツ食ったのを思い出した」と懐かしんだ。

 前日に泊まった「スパワールド世界の大温泉」についても「夜中2時から入った温泉が天国かと思うくらい気持ちよかった」と興奮気味に語り、笑わせた。ドラマは新世界を舞台に下町人情と家族愛を描く。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年2月22日のニュース