歌舞伎座こけら落とし 故団十郎さんの代役発表 「助六」は海老蔵

[ 2013年2月21日 11:59 ]

歌舞伎座のこけら落とし公演で、父の代役として助六を演じる市川海老蔵

 松竹は21日、今月3日に亡くなった市川団十郎さんが出演予定だった、4月に開場する新しい歌舞伎座のこけら落とし公演の代役を発表。6月公演の「助六由縁江戸桜」の主役・花川戸助六は、長男・市川海老蔵(35)が演じることになった。

 「助六…」は「十二世市川団十郎に捧ぐ」と銘打って上演される。

 4月公演の「弁天娘女男白浪」の日本駄右衛門と6月「土蜘」の源頼光は中村吉右衛門(68)、5月「三人吉三巴白浪」の和尚吉三は松本幸四郎(70)、「梶原平三誉石切」の大庭三郎景親は尾上菊五郎(70)がそれぞれ演じる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2013年2月21日のニュース