「ZONE」の長瀬実夕、事務所から契約解除「著しい不品行」

[ 2013年2月13日 22:10 ]

所属事務所から専属契約を解除された「ZONE」の長瀬実夕

 2011年に再結成された2人組の女性バンド「ZONE」のMIYUこと長瀬実夕(24)が13日付で所属事務所から専属契約を解除された。ランタイムミュージックエンタテインメントが公式サイトで発表した。

 同社は長瀬に「著しい不品行及び度々の業務不履行などの行為があり、これによりファンの皆様、関係各位に大変なご迷惑をお掛けし、弊社にも多大な損害を生じさせました。弊社は、長瀬実夕に対し、指導・説得を繰り返して参りましたが、残念ながら改善は見られませんでした」と理由を説明。

 このため「長瀬実夕との専属契約を続けていくことが困難であると判断し、長瀬実夕との専属契約を本日付けにて解除することとなりました。今後、長瀬実夕個人の言動行動に関しては一切弊社には関わり合いございませんので、ご理解を頂きますようお願い申し上げます」としている。

 メンバー全員が北海道札幌市出身の4人組で2001年にメジャーデビュー。「secret base~君がくれたもの~」などのヒット曲を飛ばし、NHK紅白歌合戦にも01年から3年連続出場。 05年に解散した。

 11年に3人で再結成も、同年10月にTOMOKAこと西村朝香(26)が芸能界を引退し、MAIKOこと栄舞子(26)との2人体制に。昨年6月には7年ぶりのシングルを発売し、全国ツアーも行っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年2月13日のニュース