「ジュエリーベスト…」に永作博美「宝石は子供も使えるように」

[ 2013年1月25日 06:00 ]

日本ジュエリーベストドレッサー賞表彰式で笑顔を見せる永作博美

 最も宝石の似合う著名人に贈られる「第24回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の授賞式が24日、都内で行われた。

 10代で川島海荷(18)、20代で剛力彩芽(20)、30代で松嶋菜々子(39)、40代で永作博美(42)、50代で高橋惠子(58)、60代以上で由紀さおり(64)、男性部門で東山紀之(46)が受賞。特別賞女性部門でKARA、同男子部門でロンドン五輪男子体操個人総合金メダリスト内村航平(24)が選ばれた。

 6月初旬に第2子を出産予定の永作は、ふくらんだおなかに手を当て「宝石は永遠の輝きと言われているので(受賞で)いただいたものは子供も使えるように大切に使いたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年1月25日のニュース