SNH48移籍の宮澤佐江 お披露目公演欠席も「今できることを」

[ 2012年12月16日 17:49 ]

SNH48に移籍した宮澤佐江

 AKB48から中国・上海を拠点にするSNH48に移籍した宮澤佐江(22)が15日夜、自身のブログを更新し、鈴木まりや(21)とともにビザの関係でSNH48のお披露目公演に出演できないことについて「私たち自身もとっても残念ですが、何より楽しみにしてくださっていたファンのみなさまには悲しい思いをさせてしまって、本当にごめんなさい」と心境をつづった。

 お披露目公演は来年春のSNH48専用劇場オープンに先駆け、1月12日に上海浅水湾文化で行われることが決定。11月1日に移籍した宮澤と鈴木は現在、中国国内で芸能活動を行うために必要なビザを申請中。お披露目のステージには立てないことが確定している。

 15日に上海から帰国した宮澤は「一日でも早く、上海でメンバーと一緒のステージに立ったりお仕事ができる日を私たちも楽しみに、そして今できることを日本で一生懸命やりたいと思っていますので、みなさま引き続き応援のほどよろしくお願い申し上げます」と呼び掛け、「(上海の)彼女たちにダンスを教えに行ったり、コミュニケーションを取りに行ったり、その度に少しでも、一人でも多くのメンバーに刺激を与えられるよう、AKB48で培ってきたパワーを発揮してきたいと思います!!」と、めげずに意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年12月16日のニュース