女優復帰も…のりピーを待つ試練 チケット苦戦、次の仕事は未定

[ 2012年12月16日 10:44 ]

復帰舞台「碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」で生き生きとした表情を見せる酒井法子

 女優の酒井法子(41)が15日、東京都渋谷区の文化総合センター大和田さくらホールで、芸能界復帰作となる主演舞台「碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」の初日を迎えた。カーテンコールで観客から声援を受けると、酒井は涙をこぼして感激。取材に対しては「感動しました。感無量です」と初日を無事終えた喜びを語った。

 劇中では、最初の夫・浅井長政を失ったお市の方が苦悩の末「私にもらい手なんかいる?」と尋ねるセリフもあり、現在の芸能人としての酒井の身にも重なった。女優復帰を果たしたものの、ファンや芸能界に受け入れられるかは未知数。初日のチケットは「完売」(主催者発表)したが、2階席に関係者向けの空席はあり「全体(計14公演)では7割程度の売れ行き」(同発表)で苦戦している。映画、舞台のオファーは来ているものの、次の仕事はまだ具体的には決まっていないという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年12月16日のニュース