小森 ペニオク紹介を謝罪…ブログ掲載は事務所が受託

[ 2012年12月16日 06:00 ]

ブログでペニーオークションを紹介したことを謝罪した小森純

 入札のたびに手数料を支払う仕組みのインターネットオークション「ペニーオークション」の手数料詐欺事件で、タレントの小森純(27)が15日、自身のブログでオークションを紹介していたことを認めた。

 「ファンを裏切ることになってしまい、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。2011年1月7日付のブログで「ギャルオークションでアロマ加湿器を225円で落札」という内容の記事を掲載したが、オークションに参加した事実はなかった。知人のスタイリストから打診があり、依頼主からの文章をそのまま掲載したという。

 所属事務所によると「代理店を通して事務所が仕事として受けた」という。ギャラ40万円が事務所に入り、小森には渡っていないそうで「いま返金する方向で話し合いをしています」と説明。一連の騒動は、タレントが事務所に知らせずにブログに書き込んで“アルバイト”していたケースだっただけに、事件は新展開を迎えたともいえそうだ。

 また“芸能界のご意見番”の和田アキ子(62)はラジオ番組で「なんでやるのかね。芸能人が買ってもいないのに、30万円もらう。やるかね。気をつけましょう。影響力あるんだから」と、広告塔になったタレントたちに苦言を呈した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年12月16日のニュース