ほしのあき反省 詐欺オークションで落札装う「軽率な行動だった」

[ 2012年12月13日 06:00 ]

ペニーオークションサイト「ワールドオークション」で落札していない商品を落札したかのようにブログに書き込んでいたほしのあき

 入札のたびに手数料がかかるペニーオークションサイト「ワールドオークション」の手数料詐欺事件で、タレントのほしのあき(35)が、落札していない商品を落札したかのようにブログに書き込んでいたことが12日、京都府警の捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、ほしのは2010年のブログに、新品の空気清浄機を落札していないのに「1080円で落札した」と書き込み、ワールドオークションを利用したと宣伝していた。

 ほしのの所属事務所によると、別のタレント(30)から「アルバイト」として書き込みを持ちかけられ、指示された文面を事務所を通さずブログに掲載した。事務所によると、ほしのは「どんなサイトか分からずにやった。知らなかったとはいえ、軽率な行動だった」と反省しているといい、今後の推移を見て処分も検討するという。

 別のタレントの事務所は「本人と連絡がとれていない」としている。京都府警はほかに複数の有名タレントらもブログなどに書き込んでいた可能性もあるとみて調べる。

 ペニーオークションは入札のたびに少額の手数料がかかる。ワールドオークションのサイトは自動的に、会員の入札額を上回る入札ができるシステムが組み込まれ、会員はほとんど落札できない仕組みだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年12月13日のニュース