SCANDAL 来年3月アジア3カ国ツアー決定

[ 2012年12月3日 20:04 ]

マレーシア・クアラルンプールの名所のツインタワーの前でポーズを取るSCANDALの(左から)TOMOMI、HARUNA、RINA、MAMI

SCANDALアジアツアー決定

 女性バンド「SCANDAL」が来年3月にアジアツアーを行うことが決まった。この前哨ステージとして1日夜、マレーシアの首都クアラルンプールで公演。約1500人から熱烈歓迎を受け、メンバー4人は「私たちのスタイルが正解だったと確認できた。さらにパワーアップしたい」と飛躍を誓った。

 日本のファン以上?にテンションの高いマニアたちがいた。初のマレーシア公演。ボーカルのHARUNA(24)も「想像以上に熱狂的」と驚くほどの盛り上がりだ。

 会場はSUM41、ファットボーイ・スリムら欧米の大物たちが公演したKLライブセンター。ヒット曲「少女S」「HARUKAZE」などで日本語の大合唱が湧き起こり、ギターのMAMI(22)は「私たちの曲を完璧に歌ってもらえたことに感動した。本当に愛してくれているんだと思った」と感無量の表情。

 来年3月中旬ごろにはツアーが決定。HARUNAは「私たちがライブに行かれるということは、そこに待っていてくれる人たちがいるということ。そういう場所がこれからもどんどん増えればいいと願って、ツアーに臨みます」と意気込む。

 インドネシア、シンガポール、タイの3カ国で開催予定。日程など詳細は未定。ベースのTOMOMI(22)は「日本から飛行機で何時間もかかる遠い土地で、同じ音楽を楽しめるのは奇跡。これからも奇跡を起こしていきたい」と意欲満々だ。

 既にシンガポールでは実績がある。10年11月に同国最大級の日本のアニメイベントに出演。人気アニメ「BLEACH」などに楽曲を提供していることから、もともと現地で認知度が高く、11年9月にはライブも行った。その人気がマレーシアに伝わり、今回訪問。米、仏、香港、台湾などに続いて6カ国・地域目の海外公演となった。

 ドラムのRINA(21)はマレーシア公演の成功とアジアツアー決定を受け「私たちのスタイルが正解だったと確認できた。誇りと責任を感じてツアーを回り、また日本で活躍できるよう、何十年もバンドを続けられるよう、頑張ります」と飛躍を誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年12月3日のニュース