「梅ちゃん」から一転…堀北VS中居 特殊能力対決

[ 2012年11月29日 06:00 ]

「ATARU」スペシャルで主人公のライバルを演じる堀北真希

 女優堀北真希(24)が来年1月6日放送のTBS「ATARUスペシャル」(後7・00)に出演する。大ヒットしたNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」のヒロイン以来、ドラマ出演は初めて。特殊能力を持つ謎めいた役どころで、さわやかだった梅ちゃん先生からガラリと変わる演技で驚かせてくれそうだ。

 今年4~6月に放送された「ATARU」は、SMAPの中居正広(40)主演で初回(4月15日)の視聴率が19・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした人気ドラマ。特定の分野で驚くべき才能を発揮するサヴァン症候群の主人公チョコザイが難事件を解決するストーリーと、何かを考えている時に手の指を動かす中居の演技が注目された。

 堀北が演じるのは、同じサヴァン症候群で、特殊な能力を持った主人公のライバル。主人公とともにかつてFBIで訓練を受けたという設定だ。スペシャルは2時間ずつの2部構成で、午後9時からの「ニューヨークからの挑戦状!!」に登場。もともと堀北は「ATARU」の大ファン。「毎週、楽しみに見ていたドラマ。続編があるというのも、個人的にとても楽しみですし、自分が出演させていただけるのは本当に光栄」と喜んでいる。

 現在行われている撮影では、中居と同じように右手の指を動かすしぐさも披露。謎の多い難役で「いろんなことが複雑だし、心の中も複雑だから、それをどう出していくか、表現として難しいですね」と実力派女優が本気になっている。

 大みそかのNHK紅白歌合戦では紅組の司会を務め、今年を代表する女優として1年を締めくくる堀北。新年はその怪演が話題になりそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2012年11月29日のニュース