大島優子 騒動謝罪もキッパリ「でも、私はあの映画が嫌い」

[ 2012年11月19日 13:15 ]

映画「悪の教典」が「嫌い」だとブログにつづった大島優子

 AKB48の大島優子(24)が19日、自身のブログを更新。「はい」と題したエントリーで、18日夜に観賞した映画「悪の教典」(監督三池崇史)について改めて言及した。

 大島は「AKB48特別上映会」での観賞中に感情移入し、途中退場。肩を大きくふるわせながら号泣し、出演を予定していた主演・伊藤英明(37)、三池監督とのトークイベントを急きょ欠席した。上映後には関係者を通じて「命が簡単に奪われていく光景に涙が止まりませんでした。映画なんだからという人もいるかもしれませんが、私はダメでした…ごめんなさい」とコメントし、拒絶反応を示していた。

 大島はこの日、「ニュースにもなったりと、お騒がせしました」「伊藤英明さん、三池監督、関係者のみなさん、ご心配かけました」と取り乱してしまったことを謝罪。しかし、素直に「でも、私はあの映画が嫌いです。すいません」と改めて言い切った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年11月19日のニュース