林家染丸が軽い脳梗塞で入院 「舌がもつれる」と訴え

[ 2012年10月31日 20:57 ]

 上方落語家の林家染丸(63)が31日、脳梗塞のため大阪市内の病院に入院したと、所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。軽度な症状とみられるとし、1~2週間入院する見込みという。

 染丸はこの日正午ごろ、「舌がもつれる」と弟子に症状を訴え、病院で受診。精密検査で脳梗塞と診断された。

 3年前にも軽い脳梗塞を患ったが、その後、高座に復帰している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年10月31日のニュース