二宮和也 ギネス認定でジャニー社長に「これでやっと肩並べた」

[ 2012年10月31日 11:41 ]

ギネス認定を行ったギネス世界認定員の小川エリカさん

 「嵐」の二宮和也(29)が31日、都内で行われた11月11日の「ポッキー&プリッツの日」を記念したイベントにゲストで登場。自身の姿が描かれたポッキーを使ったモザイクアートの世界記録達成の瞬間に立ち会った。

 登場時は「とにかく立ち会ってくれとしか言われてなくて…何も聞いてないんです。においがしてるから、ポッキーで何かしてるんだろうなとは思うけど」と困惑気味な表情を見せた二宮。巨大モザイクアートが出現すると「果てしなかっただろうな。凄いですよね。芸能人になってよかった。こんなこと、一生に一度しかないと思う。ありがたい。ホント凄い、驚きです」と大感激だった。
 
 二宮がCMで演じる“デビルニノ”を描き出した今回のチャレンジ。世界最大ビスケットスティック・モザイクアートとしての認定で、面積50・92平方メートル、ポッキーの使用量は130万7208本にも及ぶ。制作時間は約48時間で、延べ約240人の手で作られた力作。「作ってませんけど、認定されてほしい」との二宮の願いが届き、作品はギネス世界認定員の小川エリカさんのもと、見事ギネス世界記録に認定された。代表して認定証を受け取った二宮は「いや~やりましたね!うれしいですよ。過程とか知っていればもっと感動したと思うけど。でもなんか、うれしいです。感動です。作った人たちも今凄くうれしいんじゃないかな」と制作者を称えた。
 
 ジャニーズ事務所でギネス記録と言えば、“最も多くのコンサートをプロデュースした”ジャニー喜多川社長と“デビューからのシングル連続首位記録”を持つKinki Kidsだが、「みんなで作ったもの、みんなに作ってもらったものなので、驚きですね。こんな形でギネスに関われると思っていなかったので、貴重ないい体験でした」と満面の笑み。ジャニー社長へのコメントを求められると「これでやっと肩並べたよ!」とドヤ顔を見せ、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2012年10月31日のニュース