山田洋次監督に文化勲章「渥美さんもきっと喜んでくれた」

[ 2012年10月31日 06:00 ]

文化勲章受章が決まり、喜びを語る山田洋次監督

 政府は30日、2012年度の文化勲章を映画監督の山田洋次(81)、ノーベル医学生理学賞が決まった幹細胞生物学の山中伸弥(50)ら6氏に贈ることを決めた。

 文化功労者にはアニメ映画監督の宮崎駿(71)、俳優の松本幸四郎(70)、詩人・小説家の辻井喬(85)、日本サッカー協会最高顧問の岡野俊一郎(81)の各氏ら15人を選出。文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同5日に都内のホテルで開かれる。

 山田氏は「男はつらいよ」シリーズなど多くの秀作を発表。「(同シリーズの主演の)渥美清さんが生きていたら、きっと喜んでくれた」と笑み。山中氏は人工多能性幹細胞(iPS細胞)作製に成功。「50歳での受章は大変なこと。大先輩に負けないよう人生を頑張っていきたい」と語った。

 宮崎氏は「となりのトトロ」「もののけ姫」など数々の名作でアニメ映画の表現領域を押し広げた。上演1200回の主演ミュージカル「ラ・マンチャの男」などが評価された松本は「一番お礼を言いたいのは劇場に足を運んでくださった方々」と感謝を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年10月31日のニュース