藤本義一さんが死去 直木賞作家、テレビでも活躍

[ 2012年10月31日 01:07 ]

30日に亡くなった藤本義一さん

 直木賞作家でテレビでも活躍した藤本義一(ふじもと・ぎいち、本名ふじもと・よしかず)さんが30日午後10時18分、肺炎のため兵庫県西宮市の兵庫医大病院で死去した。79歳。大阪府堺市出身。葬儀・告別式は11月2日に西宮市の公益社西宮山手会館で。喪主は妻の統紀子(ときこ)さん。

 関係者によると1カ月ほど前、兵庫県内の自宅で倒れ、入院。1週間ほど前までは体調も良好だったというが、30日朝に容体が急変した。

 大阪府立浪速大学(現大阪府立大学)在学中にラジオドラマや舞台の脚本を書き始めた。卒業前年の1957年に執筆したラジオドラマ「つばくろの歌」で同年度の芸術祭文部大臣賞戯曲部門を受賞。

 テレビドラマの脚本家を経て、大映に入社。川島雄三監督の脚本の手伝いなどをし、市川崑監督らの作品も手伝った。

 1965年、日本テレビ、読売テレビが共同制作した伝説的深夜番組「11PM」で、大阪制作分の司会者に就任。一気に全国的な人気者になった。同番組では番組終了の90年まで司会を務めた。

 68年に長編「残酷な童話」で小説家デビュー。第2作「ちりめんじゃこ」で69年の第61回直木賞候補になった。74年、上方落語家の半生を描いた「鬼の詩」で、ノミネート4回目で第71回直木賞を受賞。小説家としても注目を集めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年10月31日のニュース